最高級ブレンド米「GIHEY PREMIUM RICE」が デルタ航空の最上級クラス「デルタ・ワン」の機内食に採用されました。

6月1日から8月31日まで、デルタ航空の日本発米国行き全便の最上級クラス「デルタ・ワン」の機内食に、八代目儀兵衛が厳選吟味した最高級ブレンド米「GIHEY PREMIUM RICE」を提供いたします。

  • 投稿日:2019年6月3日

■機内の再加熱条件をクリアし、高評価を受けた「甘みが濃い」お米

機内食のご飯の多くは、地上で炊飯し、一度冷却され、機内のスチームオーブンで再加熱をし、お客様へ提供されています。ご飯は再加熱を行うことで水分がなくなりパサパサとした食感で弾力や粘りがない状態になってしまうことが多く、炊きたてのご飯を再現することは難しいと考えられています。

最高級ブレンド米「GIHEY PREMIUM RICE」は、八代目儀兵衛が、再加熱に耐えうる品種を選定し、 ブレンドテストを行い、甘みを引き出す独自の精米技術を用い、機内食のご飯に適したお米に辿りつきました。

そのお米は、八代目儀兵衛の独自の7つの食味基準「白さ、つや、香り、甘さ、粘り、食感、のどごし」においても 高水準かつ「甘み」「ツヤ」「のどごし」に特に秀でたお米に仕上りました。

その結果、デルタ航空の機内食用の炊飯テストで、「しっかりとした弾力とツヤ感と粘りにくわえて、甘みが濃い」 という高評価をいただき、2019年の夏メニュー(6月~8月)に採用されることになりました。

八代目儀兵衛は、デルタ航空の機内食から世界へ日本米の美味しさを発信して参ります。