太陽の恵みの手毬寿司

夏の味覚を存分に生かした、カラフルで華やかなビジュアル、さまざまな味を楽しめる手毬寿司です。女性にぴったりのお寿司レシピです。

材料

  4人分 6人分
お米 2合 3合
寿司酢 適量 適量
万願寺唐辛子(緑、赤) 各1本 各1、1/2本
車海老(大) 2匹 3匹
フルーツトマト 2個 3個
きゅうり 1本 1本
ウニ、海苔佃煮 適量 適量
鱧(開き、骨切り済み) 1本 1本
タレ焼きのタレ(市販) 適量 適量
粉山椒、梅肉、木の芽 各適量 各適量
おくら 3本 5本
焼き海苔 全形2枚 全形3枚

作り方

  1. 炊けたご飯を十分水分を含ませた飯台に移し、 寿司酢を入れ、うちわで扇ぎながら混ぜ合わせ 寿司飯を作る。
  2. 種を取って、焼いた万願寺唐辛子2種類、湯がいた後、開いて半分に切った車海老、湯むきして種を取って、半分に切ったフルーツトマトをラップを使って手毬寿司を作る。
  3. 丸くくり抜いたきゅうりを約5㎝に切り、塩 水に10分間漬けておく。きゅうりの中に寿 司飯を詰め半分に切り、その上に炙ったウ ニ、海苔佃煮をのせる。
  4. 鱧はタレ焼き、白焼き2種を用意して棒寿司にして、 タレ焼きには粉山椒、 白焼きには梅肉をのせる。
  5. おくらは湯がいて、それを芯にした海苔巻き にする。
  6. 車海老の手毬鮨には木の芽をのせる。

今回のレシピで使ったお米はこちら

関連レシピ

レシピ一覧はこちら