春の恵みの手綱鮨

春告魚として知られるサヨリと菜の花をつかったサッパリとした、たくさんの具が味わえる彩り豊かな巻き寿司です。

材料

  4人分 6人分
お米 2合 3合
寿司酢 適量 適量
サヨリ 2匹 3匹
玉子 1個 2個
菜の花のお浸し 15本 22本
赤カブの漬物(スライスしたもの) 4枚 6枚

作り方

  1. 炊けたご飯を十分水分を含ませた飯台に移し、寿司酢を入れ、うちわで扇ぎながら混ぜ合わせ寿司飯を作る。
  2. サヨリは3枚おろしにし、薄い塩水に20分漬け、頭の方から皮を剥いて水気を拭き取っておく。
  3. 温めたフライパンにサラダ油を敷き、玉子を流し入れ薄焼き玉子を作る。
  4. サヨリ、薄焼き玉子、菜の花のお浸し、赤カブの漬物を6cm×2cmの短冊に切り揃える。
  5. 巻き簀の上にラップを敷き、その上に水分を絞ったサヨリと菜の花のお浸し、薄焼き玉子、赤カブの漬物を斜め45度に順番に並べ、その上に棒状にした寿司飯を載せラップを綴じて、巻き簀で形を整える。

今回のレシピで使ったお米はこちら

関連レシピ

レシピ一覧はこちら