米育事業 五感で味わい、豊かな感性を育む。

my Taste

お米をきっかけに、すべての基盤を作る「五感」を磨き、楽しみながら子どもの“感性”を育てる体験型の能力開発プログラム。将来世界で活躍する子どもたちへ「お米」を通じて日本人としての誇りを大切にする心を学ぶ教育を提供しています。本プログラムでは非認知能力を最大限に高めるため「五感の正しい使い方」や「豊富な表現方法」、「プレゼンテーション」のレクチャーを通し、学校や塾とは全く異なる手法をとり、体験からの学びを重視します。

「my Taste」を考えたきっかけ

  • “美味しいお米”を味覚教育という観点で新たな体験型食育ツールに

    お米は、子ども達にとって「味の無いもの」として理解され、親世代にとっては糖質制限ダイエットの流行により「食べてはいけないもの」と認識されている現実を目の前にし、できればと考えました。
    日本人が主食としてきたお米の味を理解していくためには、五感を使い言葉で表現する”文化”を残していかなければならない。そのためには味覚に最も敏感な5~12歳の子ども達にお米本来の味を覚えさせることが子どもの五感を養うには最適な手段だと考えました。
    お米はワインと違い、味がはっきりしているものではありませんが、産地によっても品種によってもそれぞれの顔や個性があり、それを感じ取ることができます。その繊細な味を感じ取ることが感性を磨くことに繋がります。 お米の美味しさを数値ではなく、言葉で表現できるようになれば、表現力や記憶力の強化にも繋がります。
    子どもにとっての五感教育は、従来の左脳を鍛えるための学習塾では体験することはできません。日常的に食べるお米から学ぶことができると信じております。

    my Tasteの詳細はこちら

能力開発プログラム「my Taste」とは

  • お米から感じる五感

    本プログラムでは非認知能力を最大限に高めるため「五感の正しい使い方」や「豊富な表現方法」、「プレゼンテーション」のレクチャーを通し、学校や塾とは全く異なる手法をとり、体験からの学びを重視します。

  • オノマトペを使ったお米の表現方法

    オノマトペとはフランス語が語源で、音や声、物事の状態や動きなどを音で象徴的に表した言葉です。お米の繊細な違いを表現するために、評価軸を五感に合わせて設定し、自分の言葉で評価していただきます。

お知らせ